お知らせ

小学校に牛がやってきた!

2023.12.12

 地元淡路島の畜産業を子どもたちに知ってもらおうと、生きた牛と触れ合う授業を南あわじ市の福良小学校に姉妹の牛とを連れていく特別授業を実施いたしました。

 淡路島伝統産業の畜産農家が減り続ける中、牛と関わる機会が少ない子どもたちに少しでも畜産業を知ってもらおうと昨年から実施しており、牛を育てている畜産農家さんから牛を育てる仕事を学んだ児童たちは、牛の体を実際になでたり、ブラッシングを体験いただきました。

 また、この日は淡路島の洲本市、南あわじ市、淡路市で同じ学校給食献立が提供される「合同献立メニューの日」で、淡路島の小中学生全員に淡路島の牛肉と淡路島の玉ねぎ、淡路島のお米を使用した「淡路島牛丼」が提供されました。食べる材料一つ一つに一生懸命に育ててくれた人がいて、作ってくれる人、携わる方々のお仕事の人がいることを知ってくれて、大きな声で「いただきます」を言ってくれました。

【メディア情報】

NHK 兵庫 NEWS WEB

特産の牛肉の給食など 畜産業を理解し命の大切さ学ぶ 淡路島

関西テレビ

「牛に感謝」 生きた牛と触れ合う授業 おそるおそる牛を触る子どもたち『すごい、もふもふ』

  • facebook
  • twitter

一覧へ戻る